読書の秋
宮部みゆき『ソロモンの偽証』
ただいま、図書館の予約200人超待ちでございます 
実にボリューミーな本で1890円
しかも3部作。
我慢しきれず1冊勝ったら、3冊買う羽目になるぞと
忍耐の毎日ですわ。


ものすごく好きな作家の作品ならば、
3部作だろうが、何部作だろうが、
迷わず買っちゃうんですが、
本は読みたいけど、別にファンってほどでもない、
というレベルなので、実に悩ましいのだな。


で、このままの状態ではきっと
我慢しきれず買っちゃいそうなので、
何か別の読み物をあてがっとかないと、と
いろいろ探しまして、今読んでるのが



これがなかなか面白い。
『ダ・ヴィンチ・コード』のような話なのかしら。
もしくは、映画『ナショナルトレジャー』のような感じかな。
まだ上巻の途中なのですが。


ヴァチカンが出てきて、米国国防省内の機密組織が出てきて、
キリスト教がらみのなんだかんだなウンチクが出てきて
それが絡み合ってきっとすごいことになりそう!!!
な本です。
ハリウッドで映画化進行中、とアマゾンの説明にありますが、
確かに、これは映画向きの話だな~と思います。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2012/10/19 10:31 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<乾燥のあまり・・・ | ホーム | 豆家の日常 『お米の神様』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mamekowaka.blog31.fc2.com/tb.php/926-0173b3fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |