佐渡 裕さん
この前の土曜日の夜から日曜日の早朝にかけて、
指揮者、佐渡裕さんのベルリンフィルとのコンサートが
BSプレミアムで放送されました。


佐渡裕さんは、『題名のない音楽会』で司会をされている方で
その番組でも、2週にわたってそのコンサートの一部が放送されています。
TBSでも6月5日に ベルリンフィルで指揮をするまでの
佐渡さんの様子が放送されました。
この番組で、すっかり佐渡さんのファンになってしまった私は
BSプレミアムで佐渡さんの番組があると知って、
HDDの容量を必死に空けて、録画に臨んだのです。


佐渡さんの著書『僕はいかにして指揮者になったのか』
も読みました。
佐渡さんの、指揮者としての腕ももちろん素晴らしいのだけれど、
なにより、各国のいろんなオーケストラの人たちとの
コミュニケーションの取り方が抜群だな、と思います。
『題名のない音楽会』の司会ぶりからも感じ取れる
人懐っこさ、ユーモア、温かさが
もうそこここに溢れちゃってるんですよね。


そして、相手も そういうふうに接する佐渡さんに
好意を抱かずにはいられない  のだと思います。


佐渡さんは、英語、フランス語、ドイツ語(イタリア語もだったかな?)を話せるそうです。
外国語を話せるからコミュニケーションが上手、なのではなく、
コミュニケーションが上手だから、
どんどん外国語が上手になっていくのだろうな、と思います。


一度、生で佐渡さんの指揮を見てみたいものです 





スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2011/06/13 09:22 】 | 日記 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<エドはるみ | ホーム | ハム子>>
コメント
nekoさんへ
私もまだ、コンサートのほうはちゃんと全部は見てないです(>0<)
『題名のない音楽会』の放送で
ベルリンフィルの指揮をされている佐渡さんを見て
私も涙ぐんでしまいました。

【2011/06/16 09:51】 | URL | 若林豆子 #kXwgQfKw[ 編集] | page top↑
豆子さん
佐渡裕さんの10時からのはそのまま見ましたが、コンサートの方を録画しました。

おっしゃる通り我がHDも残りを確認してからの行動でした。

録画してあると安心してまだ見て(聞いて)いません。
「鶴瓶の家族に乾杯」に出られて、その現場で(高校?中学校?)タクトを振って指導され、その音の違いにびっくりした事を覚えています。
パワフルでハートが暖かいというのが伝わるのでしょうねえ。
【2011/06/13 10:03】 | URL | neko #m3DmtnwM[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mamekowaka.blog31.fc2.com/tb.php/746-8ff4bb61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |