ピポに夢中
以前、ブログにUPしたかと思うんですが
私のドイツ語教材がこれ↓なんです。

地球にやってきた火星人ピポの物語です。
1999年NHKラジオドイツ語講座のものです。
これがね、もう、楽しいってば 
これのなにがすごいって、登場人物の多さ!
火星人のピポ、友達になるティナ、そのお母さん、お父さん
そして、なぜだか 縄文杉
会話形式の語学書ってたいてい、男女2人くらいの会話で
話が進んでいくことが多いのですが、
なんと、これ5人(?)ですよ。
多彩な声質で、飽きない、楽しい♪
まだレッスン3くらいまでしか進んでませんが、
すでにピポにメロメロになってます。


おなじようにおススメなのが
コチラ↓

これも同じNHK出版の本です。
これも実に登場人物が多彩で、
それぞれのレッスンごとに出てくる人がバラバラなんですが
最後にはなんともうまいこと話がまとまるんですよ~。
まるでオムニバス映画を見ているかのよう。


これだけ凝ったつくりですからね、
当然、お値段がそれなりにお高く・・・・
そこがやや難点なのですが、
イタリア語、スペイン語で同じような本が出たら
即買いますよ!!


というわけで、NHK出版さん、ぜひ作って 







スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2010/12/20 10:14 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<クリスマスの脱出ゲーム | ホーム | プレゼントに>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mamekowaka.blog31.fc2.com/tb.php/671-7810b2de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |