瞬間英作文の練習のために
現在、瞬間英作文の練習に使っているのが
『“毎年出る”頻出英作文』日栄社 太田千義 編 
という本です。
大学入試に頻出の英作文が収録されています。
なので、レベルは高校程度、ですね。
以前の 『どんどん話すための瞬間英作文』 は
中学英語のレベルだったので ちょっと難しくなりました。


第一章は 暗唱文編。
基本的な構文150例を丸暗記します。
第二章 実際に大学入試で出された英作文の問題の中から
標準的な問題が150例。
私はいま、この部分をやってます。
かなり手ごわいです 豆ははは汗
英作文を書くことが目的ではないので、
問題文を読んで、すぐさま英語を口に出して言う、そのあと
答えを見て、言い回しを覚える、という作業です。
第3章は発展編
よりレベルの高い問題です。
かなりキツそう・・・ 豆汗困難


この問題集の秀逸なところは
解答の英文が3種類あること。
日本人の編者が書いた2パターンと
アメリカ人が書いたものが1つです。


もちろん、英作文の答えはひとつじゃないので
いくつも解答例があるのはふつうにありがたいのですが
それだけじゃなくて とってもありがたいのは
アメリカ人が書いた解答なのですよ。


たとえば、
「私はその本を読んで初めて、科学の面白さを知った」
という文を英作しようとすると、
ぜったいに 入試する側とすれば
「It is not until~,that~」か
「I cannot ~ until~」
という構文を期待してるんだろうし、
日本人の解答例にもそれが使われていたりするんだけど、
アメリカ人が書いたものってのは
「私は科学の面白さがわかった その本を読んだ後」
という具合で 驚くのは
な、なんと たった after 一言で
小難しい言葉を使うことなく
この文を片付けちゃってることなのです。



私が目指すのは あくまで瞬間英作文であって
論文を書くことでも大学合格でもないのでね、
それで、十分なのですよ。
でも実際には ついつい難しく考えすぎちゃうので、
これは目からウロコ~


そして なんとこれ、お値段563円!!
ワンコイン プラスちょいが
なんとも魅力的でしょ~ 豆赤
スポンサーサイト

テーマ:こんなことにチャレンジ! - ジャンル:日記

【2009/10/26 22:26 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<密談 | ホーム | ヘン顔>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mamekowaka.blog31.fc2.com/tb.php/442-b82803d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |