それは あたかも まるで・・・
朝夕がめっきり涼しくなってしまって
夏の間 切ってあったトイレの暖房便座のスイッチを
入れることにしました。
“切” から “最大” まで4段階のレベルがあるのですが
まずはその1レベル目にメモリを合わせました。


朝、起きぬけにトイレに座ったとき
ひやっとしないってのは
なんともありがたい話です。
膀胱ぱんぱんでトイレに入ってるってのに
便座のひんやりがあるために
じわじわ座らねばならないってのは
まったくやりきれないですからね 豆焦




しかし このレベル1のぬくさ加減というのは
あたかも まるで




つい さっきまで 
誰かが座っていたかのような
ぬくさ・・・・

  

便座に座るたびに
なんとも
ミョ~な気分になってしまうのだな~・・・

スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2009/10/12 21:30 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<続インフル | ホーム | 栗クリーム>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mamekowaka.blog31.fc2.com/tb.php/434-9b8f4cd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |