夏の恐怖 蝉地獄
あの~。
毎年夏になると、マンションの外廊下に落ちている
瀕死の蝉におびえてた毎日なんですが、
昨夜のはひどかった!!

夜、10時半をすぎたころから、玄関の外から
ものすごい大音量で蝉の声が聞こえ始めて、
それと同時に飛び回る羽音も。
それが30分以上も続いていたでしょうか。
バイトから帰ってきた長女が、
「家の前に蝉がいて、家に入れない(半泣)」と電話してきました。

おそるおそる、玄関の除き窓から外を見てみると、
うちの玄関の前の廊下の天井についている電灯に
4、5匹の蝉が、あるものは止まり、あるものは飛び回りしておりました。
これのせいで、ずっとうるさかったわけです。



まじか・・・



瀕死の蝉なら、触らなければ飛ぶこともないですけど、
これはもう、ぶんぶん飛び回ってるわけですからね、
どうしたらいいねん・・・と私も泣きたい気分ですよ。


もうぜったい、私にはむり・・・
と思い、長男に
「頼む、妹をたすけてやってくれ!」とお願いすると、
「え~。俺も虫きらいなのに・・・」と言いつつも外へ出てくれることになりました。
うちわ片手に。


その後、数分、玄関の外で、
蝉を退散させようと、うちわで応戦した長男。
私はそれを除き窓から見ておりましたが、
それはそれは果敢に戦っておりました。
武将のようでございました。
途中、いきおいあまって、
玄関わきに置いてあった自転車に倒れこみ、
腕に擦り傷、切り傷をおいつつも、長男必死の激闘の末、
おかげさまで、蝉はいなくなり
長女は無事帰還できたというお話。


しかし、なんで、蝉って
羽があるくせに、あんなに飛ぶのが下手なんやろう・・・


そして今日は、玄関の外で蚊取り線香をたいてみました。
蝉が蚊取り線香を嫌いだといいんだけど。
スポンサーサイト
【2016/08/07 22:40 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<効果 有りか? | ホーム | きなこと抹茶のわらびもち>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mamekowaka.blog31.fc2.com/tb.php/1344-1c64b829
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |