嫌いなものをあえて買う という心理
昨日、模試が終わって帰ってきた長男が、
飲み残しのペットボトルのミルクティーを
「あ~、おいしくない、おいしくない」
と言いながら飲んでまして。
それ、自分で買ったミルクティーなんですよ。
しかも、どんな味かな、と冒険して買ったミルクティーではなく、
はっきり、自分はこれが嫌いだ、と自覚して買ってるミルクティーなんです。


以前にも模試の時にそういうことがありまして、
そのときに 「なんで嫌いなものわざわざ買うの?」と聞いたところ
好きなものだと 一気にがーっと飲んじゃうから
一気飲みを防ぐためにあえて好きじゃないものを買ってるんだ、
という答えでしたわ。
まあ、だから、模試の間に飲むためではなく
本気でのどが渇いた時に買うものは
ふつうに好きなものを買うようなんですけど。


で、以前にその答えを聞いてるにもかかわらず、
今回も おいしくないと言いながら飲む長男に
「だから な~んで嫌いなものをわざわざ買うのよ」と尋ねて
「前にも言ったけど」とかなりウザがられましたが、
何回言われても、私にはまったく理解できないんですよ!!
答えてもらっても到底納得できないんですよ!!


なんで、わざわざお金を出して、嫌いなものを買うんだー?!


長男はバリバリの理系で
私はバリバリの文系なんですが
それが彼を理解できない理由なの?


謎めいてる・・・
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2013/10/28 10:22 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<続 ホットロード | ホーム | ホットロード>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mamekowaka.blog31.fc2.com/tb.php/1063-21c43cc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |